【夏休みごはん‐2】優秀食材「そうめん」活用でご当地麺風!

とうとう夏休み!

とうとう夏休み突入!毎日朝昼夕と家族のごはんを用意しなくてはならない台所当番の方々・・・おつかれさまです!

前回はレトルトや缶詰などの便利食材を使った夏休みランチ案を紹介しましたが、今回はこの時期ご家庭での消費がぐぐっと増えるであろう優秀食材「そうめん」を活用したお手軽ランチはいかがでしょうか?
そうめんの魅力はなんてったってそのゆで時間の短さ!商品によりますが、だいたい2分弱でゆであがるのはありがたい!さらに、シンプルゆえにアレンジもし放題です! 前回はなんちゃって外国ごはん風のランチ案をご紹介しましたが、今回は日本のご当地麺をイメージしたアレンジ3品をご紹介します!

ひんやりさっぱり美味しい『盛岡冷麺風そうめん』

お酢をきかせたさっぱりスープがおいしい盛岡冷麺。具は蒸し鶏やチャーシュー等を細く切ったものを添えても!

材料(2人分)

  • そうめん…2束
  • A:水…400ml
  • A:酢…大さじ4
  • A:砂糖…大さじ2
  • A:しょうゆ…大さじ1
  • A:鶏がらスープの素…大さじ1
  • キムチ、ゆでたまご、きゅうり、トマトなどの具材…適量
  • ごま…少々

作り方

  1. 水以外のAの材料を鍋に入れ、分量の水から100mlほどを入れて砂糖や顆粒スープを煮溶かす
  2. 溶けたら残りの水も加え、冷蔵庫で食べる直前まで冷やしておく
  3. 器に袋の表示でゆでて水で洗って水けを切ったそうめん、具材をのせ、冷やしていたスープをかけ、ごまをふりかけて出来上がり!
ガッツリ食べ応え満点!『沖縄そーめんチャンプルー風』

保存のきくランチョンミートやたまごが入ってボリューム満点の沖縄のそうめんチャンプルー。味付けもめんつゆで簡単です!

材料(2人分)

  • そうめん…2束
  • たまご…1個
  • ランチョンミート缶(スパムなど)(短冊か拍子木切り)…1/2缶
  • にんじん(短冊切り)…1/3本分
  • にら(3~4㎝に切る)…1/2束分
  • たまねぎスライス…1/4個分
  • めんつゆ…適量
  • かつお節…適量
  • 油(めんにからめておく分+炒める分)…適量

作り方

  1. そうめんは袋の表記にしたがってゆでてざるにあげ、流水で洗って水けを切り、油少々をからませておく
  2. フライパンに油を適量入れ、溶き卵を入れていり卵を作り、一度皿などに入れておく
  3. フライパンに少量の油を入れてランチョンミートを炒め、焼き色がついたらにんじん、玉ねぎを入れて炒める
  4. にんじんに火が通ったらにら、そうめんを入れて軽く炒め合わせ、2のたまごを戻し入れてめんつゆで味をつける
  5. 器に盛りつけ、かつお節をかけて出来上がり!
さっぱりだけど食べ応えもあり!『宮崎ひやじる風そうめん』

こちらも保存に便利なサバ缶を活用!冷たーく冷やして薬味と一緒にさっぱりいただけます。崩したお豆腐を加えても!

材料(2人分)

  • そうめん…2束
  • さばみそ缶…1/2缶
  • 水…200ml
  • めんつゆ…大さじ1+1/2
  • きゅうり(輪切り)…1本分
  • みょうが、しそ…適量
  • しょうが…適量
  • すりごま…適量

作り方

  1. ボウルにサバ缶を入れてフォークなどで細かくつぶし、しょうが、水を加え、めんつゆを味を見ながら加え、冷蔵庫で冷やしておく(サバ缶の味や麺つゆの濃さによって違うので味見をしながら加えるのがおすすめです)
  2. 器に袋の表示でゆでて水で洗って水けを切ったそうめん、具材をのせ、冷やしていたスープをかけ、ごまをふりかけて出来上がり!
もう「え~!またそうめん?」とは言わせない!?


ゆで時間は短いしつるつるひんやりとのど越しも良い!けれどいつもと同じ食べ方になってしまうと家族も飽きてしまいますよね。たまーに、ちょっと目新しい食べ方を試してみると、そうめんの魅力を再認識するはず。ぜひこの夏はそうめんの可能性に着目してみてはいかがですか?

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました